ご覧のページ:top

キャッチフレーズ



後遺障害認定でチェックされる4つの重要ポイント


①から④を立証する資料を揃えて申請を行うことが大切です。

①.受傷状況


②.残存する症状の具体的内容および程度


③.受傷状況・症状経過と残存する症状との整合性


④.残存する症状と検査所見との間の整合性



これらの関係を図示すると

①:受傷状況-------->(症状経過)--------->②:残存症状の内容と程度

        ③:受傷状況・症状経過と②との整合性

        ④:検査所見と②との整合性

後遺障害を認定する損保料率算出機構では①~④を確認したうえで判断をしています。

基本的なことですが、とても大切です。


1.受傷状況

事実の主張とそれを裏付ける証拠によって受傷状況を立証できているでしょうか?

車の破損状況がわかる車両の写真、修理か全損か、救急搬送されたか、病院からの帰宅方法などをできるだけ証拠によって主張立証します。

受傷部位は初診の診断書に書かれています。これと異なる部位の症状を後から主張してもまず相手にしてもらえません。診断書、特に一番最初の診断書が重要になることが多いです。

ただ、診断書に書き漏れということもありますので、このようなときはカルテを確認したうえ提出します。

後遺障害の認定は受傷状況の確認からはじまります。決して軽視しないでください。

2.残存する症状の具体的内容および程度

後遺障害診断書上の症状についてその内容と程度は適切に表現されていますか?。

症状の具体的内容のなかには日常生活への支障状況も含まれますので、日ごろから医師とのコミュニケーションが大切になります。

また、障害は検査によってその程度を判定しますので、その検査がされているかどうかは重要です。

3.受傷状況・症状経過と残存する症状との整合性

受傷から入通院、症状固定となるまでの状況と残存する症状が整合性があることを説明できていますか?。

既往症があったり、途中から別の症状が現れたり、通院間隔があいていたりする場合は問題となることが多いです。

この場合、後遺障害診断書にとくに問題がなくても整合性がないと判断されることもあり得ます。

4.残存する症状と検査所見との間の整合性

ここは後遺障害認定の核心部分です。そして、「症状を裏付ける客観的異常所見に乏しく」などとよく書かれる部分でもあります。

これを受けて他の検査方法を検討することになるのですが、どんな検査でもよいというものではありません。

裁判で争うならともかく、自賠責保険への申請では損保料率算出機構が採用しているとおもわれる検査所見を提出すべきです。

まとめ

大切なので、もう一度繰り返します。

①:受傷状況-------->(症状経過)--------->②:残存症状の内容と程度

        ③:受傷状況・症状経過と②との整合性

        ④:検査所見と②との整合性


以上の関係をおさえたうえで、立証していくことが重要です。



事例


(事例 11) 感音難聴 4回目の申請で非該当から加重9級認定
(事例 10) 高次脳機能障害  併合6級認定
(事例 9) 高次脳機能障害  併合4級認定
(事例 8) 非器質性精神障害  14級認定
(事例 7) 右脛骨/腓骨骨幹部骨折・右腓骨神経麻痺・左鎖骨骨折 併合7級認定
(事例 6) 右橈骨遠位端骨折・第1腰椎破裂骨折等・神経因性膀胱 併合6級認定
(事例 5) 頸椎捻挫 非該当から14級認定
(事例 4) 外傷性頸部症候群・左肩関節捻挫・腰椎挫傷 非該当から14級認定
(事例 3) 頸椎捻挫・左肩/腰部打撲、非該当から14級認定
(事例 2) 頸椎捻挫・腰椎捻挫 併合14級認定
(事例 1) 頸椎捻挫・腰部挫傷 併合14級認定

事例一覧へ

お客様の声


○ 異議申立ての制度があること自体よく知りませんでした! 14級認定
○ お蔭で納得いく等級が認められました! 12級認定
○ 被害者にできることはただ一つ、あきらめずに頑張ることでした! 9級認定

お客様の声へ

無料相談会

無料相談会のお知らせ


ほぼ毎土曜日 午前10:00から午後2:00まで、 無料相談会を弊事務所で行います。 相談時間:30分~1時間。

4月は、1、8、15、22日。
電話相談可
ご来所の場合は事前にお電話ください。
✆025-250-1786


▲ページトップ