ご覧のページ:top»被害者請求と事前認定

被害者請求・一括払い・事前認定

被害者請求のメリット

被害者請求とは、被害者本人が必要書類を取りそろえて相手方の自賠責保険に請求する方法で、自賠法16条に規定されている正規の手続きです。一般にはあまり行われていないようですが、それは請求に必要な書類を取りそろえるのに手間がかかるからです。

通常は、一括払いといって、相手方の任意保険会社が治療費・休業損害・交通費などを被害者に一旦立替え払いしたのち、自賠責保険に請求する方法がとられることがほとんどです。この方法ですと被害者は面倒なくて済みます。

後遺障害が問題とならないような傷害であれば、一括払いを利用してまず問題はありません。

しかし、後遺障害が問題となるようなケースで一括払いを利用するのは、次の点で問題が多いと考えています。

① どのような書類に基づいて認定されたかが、被害者には分からない


医療機関から自賠責保険に提出された後遺障害診断書、経過診断書、診療報酬明細書は、被害者が積極的に動かないと事前に見せてもらえることはまずありません。



② 書類の記載内容に不備があったとしても、訂正や追記ができない


事前に書類を見ることができれば、主治医に疑問な点を質問し、訂正をお願いすることも可能です。主治医も丁寧に説明すれば、ほとんどの場合対処していただけます。



③ 後遺障害診断書のほかに追加の医証を用意できる


後遺障害は、被害者(請求者)に立証責任があります。相手保険会社が、後遺障害の立証のお手伝いをしてくれるわけではないことは忘れてはいけません。



以上の理由で、後遺障害が問題となる場合には、一括払いを解除して被害者請求をすることが、納得のいく事故解決への第一歩となるのです。

一括払いとは

任意保険会社が、自賠責保険の負担する金額を含め、まとめて支払うことをいいます。

任意保険と自賠責保険は別々の会社ですから、ほんらい被害者は、それぞれの会社に別々に請求しなければならないはずですが、それは被害者にとって面倒です。そこで、任意保険会社がまず、自賠責保険会社が負担する部分も含めて立て替え払いし、あとで自賠責保険に求償するやり方が考案されました。

これを、「一括払い」といいます。

事前認定とは

任意保険会社からは治療費や休業損害などが支払われますが、実は、任意保険会社が全額を負担しているわけではありません。

任意保険会社は支払った金額をあとから、自賠責の上限を限度として(けがの治療費などは120万円、後遺障害14級の場合は75万円など)自賠責保険から補てんしてもらえます。たとえば、任意保険会社が治療費として150万円支払った場合には、自賠責保険から120万円をあとで払ってもらえるので実質的な負担は30万円ですみます。

自賠責保険に補てんしてもらえないと、任意保険会社は自己負担しなければなりませんので、事前に自賠責保険に補てんしてもらえるかどうかの確認をします。

これが「事前認定」です。

▲ページトップ