ご覧のページ:top»事務所概要

事務所概要・アクセス

ごあいさつ

はじめまして、新潟市にあるヨネツボ新潟パートナーズ行政書士事務所です。

【 適正な賠償は、適正な等級から 】
交通事故の被害にあわれた皆様、後遺障害の等級が、逸失利益や慰謝料などの損害賠償額を大きく変えることをご存知でしょうか? 後遺障害の等級がないまま、または、等級があってもそれが適正なものではない場合、損害賠償額も適正ではないものになってしまいます。 後遺障害の等級、1等級の違いが百数十万円から、ときには千万円単位の違いとなるケースもあります。 ですから、適正な賠償を獲得するためには、適正な後遺障害等級の認定が不可欠なのです。

【 非該当という現実の多さ 】
交通事故で負ったケガが治療の結果、不幸にして事故前の状態に戻らなかったとしても、当然のように後遺障害の等級が認められるというわけではありません。 例えば、頸椎捻挫(いわゆるむち打ち)と診断され6か月間治療した結果、首に痛みや手にシビレが残っていたとしても、後遺障害等級が認定されない(非該当)ということが実際に多く発生しています。 このようなことが起こるのは、後遺障害が残っていることを適切に立証できなかったためと思われます。立証は、経過診断書、レセプトや後遺障害診断書などの書面で行いますが、その記述内容が不十分なケースが多いのです。

【 被害の立証は、被害者がするのが原則、でも…。】
法律上、被害の立証は被害者がしなければなりませんが、でも、何を、どのような方法で立証するのかをご存じの被害者はまずいません。そこで仕方なく、加害者側の保険会社に任せてしまう方がほとんどなのですが、しかし、考えてみると、被害者の被害の立証を加害者側の保険会社に任せてしまうのはおかしなことと思いませんか!?

【 じぶん認定® 】
当事務所では、被害の立証は被害者がするという原則に立ち、そのサポートをしています。 具体的には、経過診断書、レセプト等を取り付けて精査し、後遺障害診断書について被害者の方と綿密な打ち合わせをします。また、一緒に医師のもとに出向いて話を伺ったり、必要な検査の依頼をしたりもします。 このようにして、被害の立証を可能な限り、尽くして、申請(被害者請求)を行っています。

【 一度ご相談ください 】
毎日、多くの交通事故被害者の皆様より、お問合せ・ご相談をいただいておりますが、「初めての事故で分からないことだらけだったが、相談できるところが見つかって安心した。」と多くの方からおっしゃっていただいています。

まずは、新潟市にあるヨネツボ新潟パートナーズ行政書士事務所に一度ご相談ください! きっと、あなたのお力になれるはずです!

※「じぶん認定®」は、ヨネツボ行政書士法人の登録商標です。

事務所案内

        
事務所名 代表者氏名 ヨネツボ新潟パートナーズ行政書士事務所
佐々木啓
所属会 新潟県行政書士会 第1479号
登録番号06181932号
事務所住所 〒950-0948
新潟市中央区女池南2-2-10
エクセル鳥屋野2-C
電話&Fax 電話:025-250-1786
Fax:025-250-1823
営業時間 平日 9:00~20:00
(なお、事前にご連絡いただければ、上記以外の時間も対応いたします)

事務所へのアクセス

住所:新潟市中央区女池南2-2-10 エクセル鳥屋野2-C
電話:025-250-1786
信越パートナーズ行政書士事務所へのアクセス

*クルマでの来所は、桜木ICから紫鳥線経由の利用をご案内しております。
*桜木ICから鳥屋野潟沿いの道は、道幅が狭いので、通行には十分ご注意下さい

公共交通機関のご案内(新潟交通バス)
  • 新潟駅前より「女池愛宕」行きバスにて、約20分。「野球場科学館前」下車7分
  • 新潟駅南口より「女池愛宕」行きバスにて、約15分。「野球場科学館前」下車7分

▲ページトップ